ワキガの原因や傾向とは

ワキガの原因のほとんどが、親からの遺伝がおおいにあると考えられています。
外国の方に比べると、日本人は確率的に少ない人種ではあります。

これから、だんだんと温かくなってくると薄着になりわき汗のにおいが気になる時期になってきますよね。
ワキガは不潔にしているから、においが生じるのではなくアポクリン腺が活発であるとされています。
ですので、不潔ではなく一つの病気と考えた方がいいのかもしれませんね。
ワキガであるかは、なかなか判断は難しいことです。

ワキガの傾向として色々言われていることが、次のような内容です。
耳垢が湿っているとアポクリン腺が活発である傾向にあり、ワキガ体質の方が多いといわれています。
また、洋服の汗ジミが黄ばみが付きやすく、洗濯しても取れにくいとも言われています。

たとえば、洗ってしまっておいた白いTシャツを翌年出してみたら、わきの部分だけ黄ばんでいたなど。
他にも脇の毛が普通より濃い。毛穴から1本だけでなく2,3本まとめて生えていることも可能性として考えられます。
また、わきの毛に白いものがついていることも。服の繊維がついているのではなく、汗の成分が結晶のようになってわきの毛に白くまとわりつく。それがワキガのにおいとなって表れます。
日本人はにおいに関して、とても敏感な文化を持っていると思います。
CMでもわきのにおいの制汗剤や汗ふきシート。わきの汗自体をブロックするもの等、商品はさまざま売り出されています。毎年毎年様々な商品が開発されていて、驚かされます。
ですので、ワキガではない方でも少し汗のにおいを感じただけで「もしかしたら自分はワキガかも!?」と不安に思っている人がいらっしゃるかもしれません。

もし不安にお考えなら、場所によってはワキガ手術について無料でカウンセリングをしている美容外科・クリニックもあるのでお調べになって相談されるのも良い方法だと思います。
参考:ワキガ手術の教科書 | 手術のリスクと失敗しないための知識
においの事は、誰でもなかなか相談はしずらいですよね。ネット社会である今、色々ご自分でお調べになって納得できるお答が見いだせるといいですね。