ワキガは遺伝する確率が高い体質

普通の汗が出る汗腺はエクリン汗腺というところでるもので、サラサラとした汗が特徴です。その他にアポクリン汗腺というものが存在します。ここから出る汗はべたべたしています。そしてこれが皮脂などと混ざり合うことで細菌を繁殖させて独特の不快な臭いを発生させます。これがワキガです。特徴として服に黄色い汗染みが付いたり、脇毛などに白い粉のようなものがつくことが多いです。このワキガというものは生まれた時からの体質です。

アポクリン汗腺の大きさが大きかったり、数が多いことでワキガ体質といえるのです。そして多くは遺伝によります。片親がワキガ体質だと50%、両親ともだと80%という確率で遺伝します。赤ちゃんの頃から持って生まれてくるものですが、臭いが発生するのは思春期の頃です。この頃にはホルモンバランスが崩れますが、それを同時にアポクリン汗腺から出る汗も活発化して臭いを発生させ始めるのです。現代では、成長時期の低年齢化によってワキガの発症も早くなっている現状があります。アポクリン汗腺の大きさは成長と共に大きくなっていくので、どの程度大きくなるかでワキガの程度も変わってきます。

ワキガが遺伝したかどうかは思春期の時期にならないとわからないことが多いのです。そして、臭いはコンプレックスになってしまうことが多いので、対処していくことが大切です。一番効果が高いのが手術によってアポクリン汗腺を全て取り除くことですが、そこまで至らなくても普段の生活の中で対応していくことで臭いの発生は抑えられます。多くの人が行っているのが、ワキガ専用クリームを塗ることです。これには細菌に繁殖を抑制する成分や高い消臭効果のある成分が配合されているため、長時間のデオドラント効果が可能なのです。

また、汗をかいたら洗い流すことやふき取るなど清潔を保つこと、そして刺激の強い食事を控えること、運動をすることで体内循環を良くすることなどで、臭いを抑えることができます。

ワキガの原因や傾向とは

ワキガの原因のほとんどが、親からの遺伝がおおいにあると考えられています。
外国の方に比べると、日本人は確率的に少ない人種ではあります。

これから、だんだんと温かくなってくると薄着になりわき汗のにおいが気になる時期になってきますよね。
ワキガは不潔にしているから、においが生じるのではなくアポクリン腺が活発であるとされています。
ですので、不潔ではなく一つの病気と考えた方がいいのかもしれませんね。
ワキガであるかは、なかなか判断は難しいことです。

ワキガの傾向として色々言われていることが、次のような内容です。
耳垢が湿っているとアポクリン腺が活発である傾向にあり、ワキガ体質の方が多いといわれています。
また、洋服の汗ジミが黄ばみが付きやすく、洗濯しても取れにくいとも言われています。

たとえば、洗ってしまっておいた白いTシャツを翌年出してみたら、わきの部分だけ黄ばんでいたなど。
他にも脇の毛が普通より濃い。毛穴から1本だけでなく2,3本まとめて生えていることも可能性として考えられます。
また、わきの毛に白いものがついていることも。服の繊維がついているのではなく、汗の成分が結晶のようになってわきの毛に白くまとわりつく。それがワキガのにおいとなって表れます。
日本人はにおいに関して、とても敏感な文化を持っていると思います。
CMでもわきのにおいの制汗剤や汗ふきシート。わきの汗自体をブロックするもの等、商品はさまざま売り出されています。毎年毎年様々な商品が開発されていて、驚かされます。
ですので、ワキガではない方でも少し汗のにおいを感じただけで「もしかしたら自分はワキガかも!?」と不安に思っている人がいらっしゃるかもしれません。

もし不安にお考えなら、場所によってはワキガ手術について無料でカウンセリングをしている美容外科・クリニックもあるのでお調べになって相談されるのも良い方法だと思います。
参考:ワキガ手術の教科書 | 手術のリスクと失敗しないための知識
においの事は、誰でもなかなか相談はしずらいですよね。ネット社会である今、色々ご自分でお調べになって納得できるお答が見いだせるといいですね。