ワキガと多汗症の治療法は異なる?

汗を掻くと脇から刺激臭を生じるワキガで悩んでいる方は多くいます。そんなワキガの原因はアポクリン腺という汗腺から分泌される汗です。人の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の二種類があります。エクリン腺からはサラサラとした普通の汗が出てきますが、アポクリン腺からはタンパク質や脂質を含んだ汗が出てきます。すると皮膚の常在菌がそのタンパク質や脂質を分解して繁殖することで刺激臭を生じてしまうのです。そのためワキガの治療法として効果的なのがアポクリン腺を取り除く「剪除法」です。アポクリン腺を除去することでタンパク質や脂質を含んだ汗を予防することができるため、菌の繁殖を防ぎ、匂いを抑制することができるのです。
そしてこのワキガと混同されがちなのが多汗症です。多汗症とは、その名の通り、汗を大量にかく症状のことです。ワキガと同様に汗が関係しているため、同じ原因と考えがちですが実は違います。多汗症の原因はエクリン腺です。エクリン腺からの汗の分泌が活発になるため、多汗症になってしまうのです。そしてなぜエクリン腺からの分泌が盛んになってしまうのかというと、精神的な要因による場合があります。エクリン腺からの汗は交感神経によりコントロールされています。交感神経が緊張したり情緒不安定になることで汗の分泌が促進されて多汗症になってしまうのです。そしてこのような症状に対して有効なのはボトックス注射です。ボトックスには筋肉を麻痺させる効果があるので、その作用を利用することにより汗腺を麻痺させて汗の量をコントロールすることができます。
このようにワキガと多汗症はどちらも汗腺が関係していますが、実は原因が異なり、そのため治療法も異なります。そのためどちらか分からないという場合はきちんと診察をしてもらってから適切な処置を受けることをおすすめします。人によっては両方を併発している場合もあります。そのような時はアポクリン腺剪除法が効果的です。