ワキガはレーザーで治療できる?

男女問わずワキガに悩んでいる方は多くいます。そんなワキガの原因は皮膚の常在菌の繁殖による匂いの発生です。人の皮膚の表面には肌をウイルスや細菌から守るため、常在菌が存在しています。通常、匂いを発生するということはないのですが、脇は人の体の中でも汗をかきやすい部分であり、さらに脇毛がその汗を流れにくくしています。するとその湿気により常在菌が繁殖しやすくなります。その異常繁殖により刺激臭が生じてしまうのです。そんなワキガの治療方法は様々ですが、その一つで有効なのがレーザー脱毛です。
しかし、なぜレーザー脱毛が匂いを抑えることができるのでしょうか。まず、皮膚の常在菌が存在する場所は毛穴です。毛穴の毛根部分で繁殖をすることにより、匂いが出てしまうのです。そのためレーザー脱毛をすると毛根ごと処理することができるため、常在菌の繁殖を防いでワキガを改善することができるのです。そのためレーザー脱毛をワキガ治療として受けることができるのです。
しかし、治療を受けた方の中には「匂いが気になるようになった」、「多汗症になった気がする」と感じる方も多くいます。その理由はムダ毛がなくなることで毛穴詰まりをしやすくなったり、汗がながれやすくなったからです。レーザー脱毛をすると毛根ごとムダ毛が無くなりますが、毛穴に汚れや角質が詰まってしまう場合があります。するとそれらが酸化することにより匂いを発生してしまうのです。このような状態においてはしっかりと毛穴ケアをして清潔にすることで防ぐことができます。そして多汗症についてはムダ毛がなくなることで汗が流れやすくなるため、汗が増えたと感じるのです。そして汗を止めようと焦れば焦るほど緊張して汗をかいてしまいます。そのため多汗症になったと感じてしまうのです。このような状態を改善するには制汗剤を利用したり、あまり焦らないように心がけることです。
このようにワキガはレーザーで治療することはできますが、人によっては汗や毛穴詰まりによる匂いが気になる場合もあります。