ワキガ治療の種類について

ワキガの治療法には、以下のような種類があります。
まず、軽度の場合。
「塩化アルミニウム液を使う方法」。
ティッシュなどに染み込ませて、患部に塗布します。
制汗剤として市販されていますが、病院で処方してもらったほうがよいでしょう。
「臭化プロバンテリンを使う方法」。
これは内服薬であり、汗が出るのを抑制してくれますが、「目が渇く」「抗利尿作用がある」といった副作用があるので、長期間は使わないほうがよいでしょう。
次に、中度の場合。
「ボトックス注射」。
ボツリヌス菌を注射し、汗の量を軽減するという方法です。
臭いそのものを抑制してくれるわけではありませんが、不快感を減らすことができます。
「電気凝固法」。
患部に針を刺し、電流を流すことで、アポクリン線と皮脂腺を破壊するという方法です。
臭いの抑制と同時に、脱毛効果もあります。
そして、重度の場合。
「剪除法」。
患部を切り開き、アポクリン線を一つずつ除去するという方法です。
確実性の高い方法ですが、施術者のスキルによっては、跡が目立ってしまうことがあります。
「皮下組織吸引法」。
患部に開けた穴に細い管(カニューレ)を通し、アポクリン線などを吸引するという方法です。
「跡が目立ちにくい」「剪除法よりも広範囲に行える」というメリットがありますが、アポクリン線を完全に取り除くのは難しいため、再発する可能性がないとはいえません。
「超音波吸引法」。
皮下組織吸引法と同じくカニューレを使い、超音波による熱でアポクリン線を破壊するという方法です。
これも、完全に除去するのは難しく、施術者のスキルによっては火傷などを負うリスクがあります。
「皮下組織削除法」。
カミソリの刃とローラーが合わさった専用の器具を使い、皮下組織を切削しつつ、アポクリン線などを取り除くという方法です。
跡が目立ちにくく、効果も高めですが、「回復に時間を要する」「皮膚が壊死するおそれがある」といったデメリットもあります。